インナーチャイルドについて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

インナーチャイルドって言われてもピンとこない。

自分の奥深くにいる小さな頃の自分
(これは自分でなくてもいいらしい)
そう言われても想像出来るのは小学生ぐらいの自分なんだけど
その頃から自分は変わってはいるけど成長した気はしないし
今の自分そのまんまなので、インナーチャイルドっていう気はしない。

というのは置いといてこれをインナーチャイルドとした瞬間
抱きしめてあげる、癒してあげるなんてとんでもない。
何度もTwitterでは言ってるけど
わたしはボコボコに殴りたい
お前がうまくやらないから親に嫌われたんだ
お前がうまく出来ないから、普通じゃないから親に世間に怒られるんだ。
あと見た目が気持ち悪い。
小さい頃の自分を大人になって愛せなんて無茶だ…

物を制作してる人とか(絵を描いてる人とか)この単語がわかりやすいかな、
全てが黒歴史なんですよ。
生きてきたこと全てが、絵を描き始めた頃のものを今晒すような、黒歴史。

子供だからって許されない
子供だからって無条件に愛されない

他の子供はみんな普通にやってる

みんな上手くやってる

愛するとか抱きしめるとか、よく解らないです。

 

あと子供らしく遊ぶとか、童心に返るとかもわからない。

未だにこれが抜けないし、むすめと遊ぶのも恥ずかしいことって思うことばっかり。
むすめ自身をバカにするわけじゃないけど、むすめ自身も変にませてるし(これはわたしの影響ではなく元からだと思う)
余計に何となくこの気持ちが抜けない。

姉はわたしと違って全力で子供と遊んでるんだけどなあ。

取り敢えず今の自分のインナーチャイルドってイメージは、こんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です